国領駅から徒歩5分・団地の中にあるパティスリー『パティスリーモデスト』(6月)

こんにちは!

先日、国領にある『パティスリー モデスト』さんへ初訪問。昨年発売された「cafe-sweets(カフェ スイーツ)」や「料理通信」で紹介されていたためご存知の方も多いのではないでしょうか?私もそれらの雑誌を読み、行ってみたいなと思っていました。

「国領駅」自体、初めて存在を知ったのですが、高幡不動に行く途中等、気が付かないうちに通っていたようです…それにしても京王線沿線はパティスリーが多くて羨ましい限り。

パティスリー モデスト

くすのきアパート1F。団地の中にあるパティスリーとは聞いていましたが、想像以上にしっかり団地でびっくり。(語彙力)

まさかここにパティスリーがあるとは思わないだろうな、と。お隣のお店は昔ながらと言いますか、雰囲気のある外観。パティスリーモデストさんも外観はシンプルなので傍から見ると周囲に溶け込んでいますが、買い物後、店の外へ出た時にはギャップにびっくり。

伺った日のケーキのラインナップはこのような感じ。ちなみに時間帯はオープン30分後だったかと。イチオシのモンブランはたくさん陳列されていました。

実食

モンブラン

フランス産の栗を使用したモンブラン。

メレンゲをまとった美しいビジュアル。さっくり軽く、口に入れた瞬間にしゅわっとほどけていく繊細なメレンゲの素晴らしさ…

コクのあるクレームシャンティの上にマロンクリーム。

ザクザクで香ばしいシュクセが良いアクセントに。生クリームの中にはまろやかな栗のブリュレが。

ふわっと軽い生クリームや甘いマロンクリームの中で感じられるメレンゲ、シュクセのサクサク、ザクザク食感が楽しい。見た目だけでなく食べ進めるワクワク感が感じられるモンブランでした。

フロマージュ

ホワイトチョコレートでくるんと囲まれたチーズケーキ。表面にはフランボワーズのコンフィチュールがたっぷり。

さらっとゆるめのテクスチャなので、少し傾けるとホワイトチョコをつたって垂れてきてしまうほど。

ふわっと軽い口当たりの濃厚なチーズムースときゅんと甘酸っぱいフランボワーズ。また、ライチ(リキュール)の上品で爽やかな風味もほんのり。

周りのホワイトチョコも含めてなめらかで、ナイフがずっと入る柔らかさ。フランボワーズのつぶつぶ感が際立って感じられた印象。

濃厚でコクのあるチーズと華やかなフランボワーズ、上品なライチが絶妙なバランス。「フロマージュ」という名にふさわしく、チーズがしっかり感じられる仕上がりでした。

サバラン オランジュ

アルコール不使用で、お子様でもいただけるサヴァラン。ヴェリーヌタイプなので食べやすく、また持ち運びやすいのが嬉しい。

ブリオッシュ生地にオレンジ風味のシロップ。シロップはひたひたですが、比較的弾力が感じられる生地だったのが印象的。

ブリオッシュ生地の上には甘酸っぱくてフレッシュなオレンジ。その上のクリームがすごく美味しくて。オレンジの爽やかさが強い中、コクがありまろやかなクリームの存在によりバランスが絶妙に。風味も良く、口に入れた瞬間に驚いたのを覚えています。

スエ

季節限定

マンゴー、パッションフルーツ、アールグレイ、グロゼイユのヴェリーヌ。

ふわっと軽いクレームシャンティにつるんと喉越しの良いアールグレイのゼリー。キュンと酸っぱいグロゼイユも。記憶が曖昧なのですが下はマンゴーのクリームだったかと。

なめらかなクリームとつるんとしたゼリーの組み合わせで、暑い夏にぴったりのさっぱりといただけるヴェリーヌでした。

ラムレザン

ラムレーズンのケーキ。モデストさんが紹介されていた号の「料理通信」に載っていて気になっていました。

軽めのチョコレートのムースにラム酒のきいた濃厚ガナッシュ、チョコレートのフランジパーヌ。

芳醇なラム酒に酔いしれるガトー。しっかりお酒感があり、またチョコレートが濃厚なのでガツンと重厚感のある仕上がり。

ラムレーズンも所々に。ラムレーズン自体はさほど多くないものの、ラム酒ががっつりきいているため大人向けという印象。また、ラム酒はもちろん口溶けの良さも魅力。大好きです。

ティラミス

カップに入っていないティラミス。

マルサラ酒がしっかりきいていて、キレのある味わい。

またどの層も口当たりがなめらかで、ぱくぱく食べ進めてしまい、気づけば最後の一口に。

ビスコット・サヴォイアルディにコクのあるコーヒーシロップがしみしみ。その上にはマルサラ酒のきいたマスカルポーネ入りザバイオーネクリーム。

コーヒーの苦味は程よく、それ以上にコーヒーの旨味が印象に残りました。まろやかでマスカルポーネ等のコクのある味わいの中で、コーヒーの旨みやマルサラ酒のキレが感じられ、バランスが絶妙。マルサラ酒はあくまでも風味なのでお酒感はさほどなく、お子様でも食べられる子が多いのではないかな。

感想

念願の初訪問。国領駅は初めて降りましたが、千歳烏山や仙川の少し先というだけでさほど遠くないことに気づけたので、また季節のケーキが新しく出た頃に再訪したいです。

どのケーキも素晴らしく、魅力的だったのですが特にティラミスがお気に入り。個人的にはこちらのお店のお酒がきいたサバランを食べてみたいので、いつか出会えることを願っています(笑)

お店の情報

Patisserie Modeste / パティスリー モデスト

  • 住所:東京都調布市国領町3-8-15 くすのきアパート5号棟104号
  • 営業時間:11:00~19:00
  • 定休日:水曜日
  • 最寄駅:京王線「国領駅」より徒歩約5分
  • 公式ホームページ:https://www.p-modeste.com/

アクセス

国領駅南口の改札を出て左折。バスのロータリーに沿って歩き、マルエツというスーパー等が入っている「ココスクエア」という建物の手前で左折。「ココスクエア」を越えたら(最初の交差点)右折。ファミリーマートや中学校を通り越す。

直進し続けるとこのような交差点が見えてくるかと思うので、この交差点の横断歩道を渡り、右折。

左手にみえるのがくすのきアパート。直進し続けると左手にパティスリー モデストさんが見えてくるかと。

ーーーーーーーーーー

最後までお読み下さりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です