憧れのお店に初訪問『Kabi Nikai』(6月)

こんにちは!

気になっていた、というよりずっと行ってみたいと憧れていた目黒にある『Kabi Nikai』へ。

評判の高さは耳にしていましたが、期待していた以上で、お店を出る頃には遊園地にでも行ったような気分に。美味しくて、ワクワクするデザートと出会えて幸せとしか言いようがないです…

Kabi Nikai

パティシエール 中村樹里子さんのつくるデザートを楽しめるお店。

その名の通り、レストラン「Kabi」の2階で営業されています。ただ、毎日営業されている訳ではなく、木・金・土曜日中心の営業。現在(2020.06.12)は金曜・土曜のみ、イートインは予約制で営業されています。

メニューは営業日の数日前にInstagramの投稿またはストーリーにて公開されており、その際に予約可能な場合は予約方法なども記載されているので、Instagramをフォローしておくのがオススメ。

Nikai(@kabi_nikai)のInstagramはこちら。

ちなみにこちらは今週のメニュー。

https://instagram.com/kabi_nikai?igshid=glhgq76jx3gx

お店の場所

『Kabi Nikai』は「目黒駅」が最寄り。歩くと17分程度かかるのですが、バスに乗れば5分で到着します。バスの場合は「元競技場前」が最寄りのバス停です。

私は今回、徒歩で向かいましたが、30℃超えとなると日傘をさしてもやっぱり暑い…それ以上に、昨日久しぶりにジムに行ったら筋肉痛になってしまったので、そもそも歩くのが苦痛という…(笑)とはいえ、疲れたあとの美味しいものは、より体に染み渡りますね。

Kabiに入ったあとは奥左手あたりにある階段をのぼり、2階へ。ぎしっぎしっと1段あがるたびに音がなる階段にも趣を感じます。店内も素敵。

実食

黒糖のチーズケーキ

お皿が運ばれてきた時点でワクワク。この美しさを写真におさめたい気持ちと早く味わいたいという気持ちとが拮抗。

パイナップル。スプーンやフォークでパキッとわれるような硬さ。

発酵パイナップルのスープ。バジルのオイル。トロピカルフルーツ。

“発酵パイナップル”

初めて食べたのですが、私の語彙力では表せず、頭の中で「凄い、美味しい、」と大混乱。

パイナップルの爽やかな甘さの中でふわっと香る発酵臭。こんなにも合うんですね。発酵の香りも強すぎず、良いアクセントに。

黒糖のチーズケーキとロングペッパーのアイスクリーム。アイスの上にはザクっと食感のクランブル(?)。チーズケーキの上からとろっと垂れているのはホイップクリームです。

黒糖の優しく自然な甘みとチーズのコク。ぎゅっと詰まっているような感じかと思いきや、濃厚なのにふわっと軽くて驚き。なめらかで、口当たりも良いのでぺろりと完食。

また、ロングペッパーのアイスクリームも面白くて。黒胡椒のような強いクセはなく、まろやかで爽やかな甘みのアイスだなと思っていると、ほんのり舌にびりりという感覚が。そのような点も含めて面白いなあ。好きだなあ。と思いながら、食べ進めていたら時が経つのは一瞬でびっくり。

アイスクリーム、ホイップクリーム、発酵パイナップルのスープ、トロピカルフルーツをスプーンに乗せて、1口。幸せで満ち溢れているような気分。圧倒的多幸感です。

器が空になってしまうのが名残惜しくすら感じる素敵なデザートでした。

アメリカンチェリーのシュークリーム

サクッと軽いシュー皮とたっぷりのホイップクリーム。ホイップクリームはコクがあり、ミルキー。

また、ぐるっと1周囲んでいるアメリカンチェリーの甘酸っぱさが、たっぷりのクリームと相性抜群。小さくカットされているので、食べやすさも。

ナイフですっとカットできるシュー皮。サクッサクッと軽い噛み心地も香ばしさも好み。

ホイップクリームの下にはとろっとなめらかなバニラ香るカスタードクリームがたっぷり。こちらはゆるめのテクスチャで、濃厚なバニラの甘い香りとまろやかさが印象に残りました。

クリームの間には甘酸っぱいアメリカンチェリーのジャムも。爽やかなフレッシュ アメリカンチェリーと果汁がぎゅっと凝縮されたような甘酸っぱいアメリカンチェリーのジャム、という2つの形でアメリカンチェリーを楽しめるのも魅力。

こちらはイートイン限定ですが、テイクアウト用としてバニラのシュークリームも販売されていました。数の余裕があるならテイクアウトもしたかったなあ。

バナナとブルーベリーのタルト

ホイップクリーム添え。

表面のバナナ、ブルーベリーがジューシーでびっくり。特にブルーベリーはナイフを入れるとジュワッと果汁が溢れてくるほど。

サクサクで、香ばしいクッキー生地にしっとりとしたアーモンドクリーム。バナナの甘みとブルーベリーの甘酸っぱさが絶妙なバランス。

添えてあるホイップクリームと一緒に食べると、また違った印象に。ブルーベリーの甘酸っぱさが和らぎ、まろやかで更に優しい印象に。子供から大人まで皆が好きになるであろうケーキでした。

キャロットケーキ

スパイスの使い方がドストライク。程よいスパイシーさが魅惑的で、やみつきになるお味。ほんのり感じられる人参の自然な甘さも◎

また、ごろごろと入っている胡桃の食感が良いアクセントに。ココナッツオイルが使用されているという生地は、程よくふんわりしっとり。口当たりの優しい生地とあわさることで、ザクザクとした胡桃の食感がより象徴的に。

表面にはクリームチーズのフィリング。さっぱり爽やか、かつコクのあるクリームチーズがあることでスパイシーさを少し和らげ、優しい印象に。チーズが強すぎたり、多すぎたりすることがなく、スパイスとうまく合わさっていて非常に美味しかったです。

カヌレ

黒糖とバニラとラム酒のカヌレ。

色味的に焼きが強めで苦味も感じられるタイプかなと思ったのですが、焦げの苦味は控えめで、個人的にすごく好きでした。

外カリッカリ中はもっちりしっとり。黒糖の独特の風味とコクのある甘み。そしてバニラの甘い香り。

黒糖のコクのある甘みとバニラの甘さのバランスが絶妙で、どちらも主張が強すぎず、言うならば互いに尊重しあっているような、そんな印象。ほんのり香る芳醇なラム酒の香りも心地よく、評判の高さが伺える1品でした。

感想

念願の初訪問。デザートはもちろんお店の雰囲気も良く、落ち着ける空間でリラックスしてデザートを楽しむことが出来ました。1人でも利用しやすかったですし、またすぐにでも伺いたい程。状況が状況なので長居はしませんでしたが、短い滞在時間でも幸せでいっぱいに。

空調がききにくいため7.8月は営業されない予定とのお話だったので、秋のお菓子も楽しみですが今月中にまた伺えたらいいな。

お店の情報

Kabi Nikai

アクセス

JR目黒駅ご利用の場合は西口、都営三田線・東京メトロ南北線目黒駅ご利用の場合は正面口を出て、目黒通り沿いを直進。目黒新橋をわたり、大鳥神社のある交差点を通り過ぎ、ずっと目黒通りを直進するとお店に到着。(右手側)

ーーーーーーーーーー

最後までお読み下さりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です