名古屋パティスリー巡り②初日2軒目は六番町へ!『Pâtisserie Quartier Latin(パティスリー カルチェ・ラタン)』(11月)

こんにちは!

名古屋パティスリー巡り②ということで、パティスリー グラムさんへ行ったあと、六番町にあるカルチェラタンへ。

グラムから直接伺ったわけではなく、その間に寄り道をしていたのでお昼すぎに訪問。いくつかのケーキは売り切れていたもののお目当てのケーキとは出会うことができました!

1軒目に伺ったパティスリーグラムさんの感想はこちらに書いています。ご存知の方が多いとは思いますが、素敵なお店だったのでおすすめです。

Pâtisserie Quartier Latin(パティスリー カルチェ・ラタン)

「六番町駅」から徒歩8分ほど。外から一瞬見ただけでもわかるお店の広さ…!

入口入って正面にケーキがずらり。何を購入するか迷ってしまいます…そして右手には焼き菓子やコンフィチュールがたくさん。左手はイートインできるカフェスペース。現在は新型コロナウイルス感染拡大防止のため1テーブルにつき1人までの案内となっているようです。

実食

グラスモンブラン

イートイン限定。

自家製栗のコンポートを使ったモンブランクリーム。香り高く、上品な甘み。また、ほくほくの栗のコンポートもたっぷり。

なサクサク軽やかなメレンゲ生クリーム、バニラアイスなど。テーブルに届いてすぐの状態では少しバニラアイスがしゃりっとしていたので、少し時間を置いてからいただきました。(好みの問題もあると思います)

香りが良く栗の旨味がつまった濃厚なモンブランクリームに対し、バニラアイスはさっぱり軽めなのでバランスが良い。サクサクと食感が楽しいメレンゲの食感が良いアクセントに。また、なめらかな生クリームの包み込んでくれるような感覚も心地よかったです。

タルトタタン

まるまるかわいいタルトタタン。今回のお目当て。

オーブンで8時間じっくり焼き上げられたタルトタタン。りんごはじっくり火が入れられているもののジューシーで、ふっくら。また、キャラメルのコクと香ばしさが印象的。

トップのクリームはマスカルポーネチーズが使用されていて、すっきりとした後味。甘くとろけるようなりんごと相性抜群。

ジャマイカン

「バナナを丸ごとケーキにしました」という文字に惹かれ、購入。

軽やかですっきりとしたバナナのムースの中に完熟バナナをペーストにしたムース。あまいコンポートバナナも。

外側のムースにラム酒がきいていて、甘く優しい味わいのバナナをピシッと引き締めてくれるのでスッキリとした後味で気づけば最後の一口。

感想

公式Instagramでお知らせがあり、気になっていたシュトーレンも購入。いただくのが楽しみです。

また焼き菓子の包装が可愛かったので友人へのお土産用にも購入。可愛いものが好きな人には特に喜ばれそうだなと思いました。

現在はクリスマスケーキの予約受付中ということで、店内でケーキをいただいている間も続々と予約希望のお客さんが来店されていました。皆さん今年のクリスマスケーキは決めましたか?私はまだ1つしか頼んでおらず、迷い中です…

お店の情報

Pâtisserie Quartier Latin(パティスリー カルチェ・ラタン)

  • 住所:愛知県名古屋市中川区十番町2-4
  • 営業時間:10:00~19:30(カフェ L.O. 19:00)
  • 定休日:火曜日、第2水曜日
  • 最寄駅:「六番町駅」
  • 公式ホームページ:http://quartier-latin-1976.jp/

最後までお読み下さりありがとうございます。



にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です