名古屋パティスリー巡り③2日目1軒目は本山にあるパティスリーカフェへ『Girouette Café(ジルエットカフェ)』(11月)

こんにちは!

名古屋パティスリー巡り③ということで今回は名古屋滞在2日目1軒目として伺ったジルエットカフェさんについて。イートインできるというのも魅力ですが、ランチメニューがあるので甘いものがあまり得意でない方とのお出かけにも良さそう。

ちなみに、この日は早起きしてタカシマヤに並んでいたので、厳密には1軒目ではないのですが、そちらについてはまた別記事としてあげたいと思っています…!

Girouette Café(ジルエットカフェ)

Pâtisserie Girouette Café(ジルエットカフェ)

「本山駅」から徒歩5分程。こじんまりとしているのかと思っていたのですが、カフェスペースが2Fまであり、広くて綺麗なお店でした。

オープン11:00に合わせて訪問。まだ出来ていない商品もあるようでした。

その他、パンや焼き菓子も充実のラインナップ。

実食

今回はこちらの3つをチョイス。

りんごのサヴァラン

そろそろ終了とのことでしたので是非いただきたいと思っていました。

表面は薄くスライスされたりんご。使われている林檎は信濃ドルチェとのこと。

フレッシュりんごのムースとすりおろしのりんご、りんごの皮のエキスソース、ペクチンのソースとのこと。すりおろしりんごのシャリシャリ感、角切りりんごのシャキシャキ感など様々な形でりんごを楽しめる1品。

想像以上にさっぱり爽やかで、りんごの爽やかな甘みがたまらない。また、ふわっと軽やかなりんごのムースにはレモンの皮とシナモンの香りが。シナモンの香りは控えめですが、やはりりんごとシナモンは相性抜群ですね。酸味も感じられ、フレッシュ感満載で本当に軽やかなので気づけば最後の一口。

アブソリュー バニーユ

パリセヴェイユさんで働かれていたことがあるということで、気になっていたバニラのケーキ。

濃厚なバニラのクリーム。香りが上品。ふわっと軽やかで上品な甘みながら、バニラの香りがしっかり。

クリームの下にねっとり濃厚なバニラのガナッシュ、なめらかなチョコレートのムース、軽やかなチョコレートのビスキュイ。

甘美なバニラと深みのあるチョコレートが相性抜群。チョコレートが濃すぎずむしろ軽やかなので、バニラの甘美な香りがしっかり感じられるというバランスの良さ。口に入れた瞬間に解けるような口溶けの良さも魅力的。

アロガンス

今回いただいた中で1番好きだったケーキ。

ピスタチオ、アーモンド、ヘーゼルナッツがぎゅっとつまったケーキ。

ピスタチオとラム酒が香る口溶けの良いプラリネクリーム。その他ダックワーズ、ビスキュイなど。

ピスタチオ、アーモンド、ヘーゼルナッツの香ばしさと旨みがぎゅっとつまっているだけでも素敵ですが、それに加えてラム酒の芳醇な香りが心地よくて。しっかりお酒感も感じられ、好みの味わいでしかない。

また、サクサクとした食感やナッツのザクザクとした食感が良いアクセントに。

香りも口溶けも心地よく、ひと口食べた瞬間に惹き込まれてしまいました。

感想

パンも気になりましたが、その日は焼き菓子をたくさん購入したのでケーキ3つだけ。ちなみにこの他にシュトーレンは購入しました。まだ開封していないので今後のお楽しみに。

季節によってケーキが大きく変わるので、また異なる季節にも伺ってみたいです。とはいえ定番?のアロガンスが本当に素敵だったのですぐでも伺いたいくらいですが…!

お店の情報

Girouette Café(ジルエットカフェ)

最後まで

  • 住所:愛知県名古屋市千種区本山町2-2
  • 営業時間:11:00~20:00(2020.11現在短縮営業中)
  • 定休日:木曜日
  • 最寄駅:「本山駅」
  • 公式ホームページ:https://girouette-cafe.com/

最後までお読み下さりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です