秋を探しに相武台前へ『Dolce Casalingo(ドルチェカサリンゴ)』(10月)

こんにちは!

先日、ずっと気になっていた『Dolce Casalingo(ドルチェカサリンゴ)』さんへ初めて伺ってきました。以前から気になってはいたのですが、10/8から始まった季節限定のデセール「安納芋のスイートポテトと洋酒の香りのデセール」に惹かれたのがこのタイミングで伺おうと思ったきっかけです。自分の家からは少し遠いのですが、他のデザートも気になるので是非また伺いたい。

Dolce Casalingo(ドルチェカサリンゴ)

小田急小田原線「相武台前駅」南口より徒歩2.3分。看板の通り、この日は新デセールとドリンクのみの提供でした。

店内はこじんまりとしていて席数は6席(カウンター)。電車の関係でオープンの10分前ほど前に着きましたが既に待っていらっしゃる方もおり、オープン時には1巡目の案内が終了する人数に達していました。もちろん曜日や天気などにも左右されるとは思いますが、1巡目で確実に入店したいのであれば少し早めに着いているのが安心かもしれません。

実食

安納芋のスイートポテトと洋酒の香りのデセール

大好きな安納芋。ちょうど伺った日は久しぶりに会う友人と約束をしていて。私も友人もさつまいも好きなので、新デセールのお知らせを見て急遽行き先を変更しました(笑)

ぶどう、洋酒漬けのアプリコット、紫芋チップ、和梨などなど…細やかなので1つ1つの要素についてふれはしませんが、ひと口ひと口異なる秋を楽しむことが出来るという印象。

特に大きめにカットされた和梨のさっぱり感が面白かったです。芋、栗、かぼちゃと秋は重ためな食材が多い気がしますが、みずみずしい和梨のさっぱりとした味わいとシャキシャキとした食感が良いアクセントに。芋や栗は小さめにカットされているのに対し、梨だけ大きめのカットというのが個人的には印象に残っています。

三日月形のスイートポテト。ほくほく、自然な甘さで美味しい。

その横にはマロンムースやマロンクリームなど。マロンムースもお酒が効いていて香りが良く、秋の味覚好きはもちろんお酒の効いたデザートが好きな方にも是非オススメしたいデザート。全部で6種類の洋酒が使用されているようです。ウイスキーシャンティも美味しかったな。

お酒がきいているといってもどれも風味が感じられるといった具合で、アルコール感はほぼないのでお酒があまり得意でない方も大丈夫かと。(もちろん人それぞれ感じ方の程度は違うと思いますが。)

お皿の中央にみえるのがハチミツとさつまいものジェラート。口溶けが良く、なめらか。さつまいもの甘みとハチミツ特有の甘みの組み合わせはお菓子に限らず料理などでも使われますが相性抜群ですね。またシンプルにハチミツとさつまいもだけというわけではなく、こちらのジェラートもほんのり洋酒がきいているので、香りが上品で口に入れた瞬間にひろがる香りを楽しむことができました。

お皿にはカボチャソース、バルサミコソースが。このバルサミコソースをつけて食べるとまた少し変わった印象に。バルサミコの酸味が加わることで、キリッと全体が引き締まるような。

添えられている香ばしい黒ごまのクッキーもスッキリとしたグラッパのジュレも素敵でした。

感想

実際にいただくまでは安納芋のスイートポテトが完全にメインかと思っていたのですが、実際はお皿の隅々にまで秋と洋酒の魅力が散りばめられていて、想像していたよりもはるかに細やかでワクワクさせられるアシェットデセールでした。

なくなり次第終了とのことなので気になる方はお早めの訪問がおすすめ。

少し遠いので気軽に行ける訳では無いのですが、また違うデザートがいただけるようになったら是非伺いたいです。

お店の情報

Dolce Casalingo(ドルチェカサリンゴ)

最新の情報は公式Twitterまたは公式Instagramのチェックがおすすめ。

最後までお読み下さりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です