たまプラーザにあるパティスリー『ベルグの4月』(3月)

こんにちは!

緊急事態宣言が出る前のことになりますが、たまプラーザにある『ベルグの4月』へ。玉川学園前のお店で母の誕生日ケーキを予約していたのですが、その受け取りの帰り道に近くを通ったため、 急遽立ち寄ってみることに。

その日はアントルメを食べる予定があったので、こちらのお店で購入したケーキは少なめですが、ラインナップが豊富だったのでまた改めて伺いたいな。

実食

フレジエ

背の高いフレジエ。

分厚めのスポンジ生地にムースリーヌと甘酸っぱいフレッシュ苺。ムースリーヌはどちらかというとカスタード感が強めで、コクがありまろやか。甘酸っぱい苺と相性抜群なムースリーヌでした。ほのかに香るバニラの甘い香りも心地よい。

これを書いているのは8月なので、フレジエへの懐かしさがすごい。とはいえ今年は時が経つのが早いのであっという間にまた苺の季節がやってくる気がしますが!

不知火のタルト

フレッシュな不知火がたっぷりのったタルト。果汁が濃くて美味しい。

さっくり香ばしいタルトの上にコクのあるクレームパティシエールと不知火。シンプルなフルーツタルトですが、タルトとクリームが不知火の甘さを引き立てていて、全体のバランスが絶妙。それにしても不知火って美味しいですね…

いちごのシブースト

土日限定で販売されていました

サクサクで香ばしいパイ生地とフレッシュ苺、メレンゲとカスタードクリームをあわせたシブーストクリーム。

魅惑のキャラメリゼ。香ばしい。

甘酸っぱい苺とコクのあるクリーム、香ばしいパイ。ふわっと軽い口当たりながら、コクがあり甘みもしっかり感じられるクリームと苺の甘酸っぱさのバランスが良く、ペロリと完食。

ビジュアルも可愛らしくて惹かれますね。

ヴェリーヌ・ババ

ヴェリーヌタイプのババ。見た目が涼しげで綺麗。

ラム酒シロップ入りのスポイトが添えてあるので、お酒感の調節が可能なのが嬉しいですね。

球状の生地にラム酒シロップがしみしみ。フレッシュな柑橘もたっぷり入っていて、ビジュアル通りさっぱり爽やか。その上にバニラ香るカスタードクリームとクレームシャンティ。

芳醇なラム酒の魅力に酔いしれつつ、柑橘の美味しさも堪能出来る1品。爽やかで、暑い夏にもぴったり。

感想

店内が広く、生菓子、焼き菓子、アントルメグラッセ等ラインナップが豊富。冒頭でも述べましたが、また改めて伺いたいお店です。

3月頃に伺ったので苺のケーキばかり選びましたが、夏のケーキも気になります…

お店の情報

ベルグの4月 本店

  • 住所:神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-19-5
  • 営業時間:9:30~19:00
  • 定休日:なし、不定休
  • 公式ホームページ:https://www.bergue.jp/

今回は本店を利用しましたが、たまプラーザテラス内にもお店があります。

最後までお読み下さりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です