飯田橋駅から徒歩5分。3代目シェフを迎えて2019年秋にオープンしたパティスリー『Le Coin Vert(ル・コワンヴェール) 』(1月)

こんにちは!

休業していたル・コワンヴェールさんが3代目シェフを新しく迎えて、2019年9月に『Le Coin Vert PATRICK LEMESLE (ル・コワンヴェール パトリック・ルメル)』としてオープンしていたということを年明けに知り、早速伺ってきました。

ちょうどガレットデロワの時期だったので、今回はそちらも購入。当ブログをお読みいただいている方はお気づきかもしれませんが、ガレット・デ・ロワ2020④でもあります( ¨̮ )

色鮮やかな美しいケーキはもちろん、ガレット・デ・ロワやフランなどの茶色いお菓子が特に美味しかったのでオススメです✨

Le Coin Vert PATRICK LEMESLE / ル・コワンヴェール パトリック・ルメル

飯田橋駅から徒歩5分。東京理科大学のキャンパスの近くです。詳しい道のりについては当記事最後に記載したいと思います。

その他、焼き菓子なども販売されていました。洋楽が流れていてゆったりとした雰囲気。

実食

ババラムレーズン

別添えでスポイトにラム酒シロップが入っているので、追い酒が可能。お酒の加減の調節が効くのは嬉しいですね。

ブリオッシュにはラム酒シロップがしみしみ。お酒感はさほど強くないので、お酒使用のスイーツが好きな自分としてはスポイトに入った追いラム酒が嬉しい限り。中にはラムレーズン入りのクレームシャンティが。ラムレーズン好きにはたまらないですね!コクのあるクレームシャンティとラム酒の絶妙なバランスが最高です。

スポイトに入ったラム酒シロップを足さなければ、お酒のクセもないので多くの人が楽しめるババではないかなという印象。

ラズベリーのケーキ

周りはナッツとホワイトチョコレートのコーティング。

ヘーゼルナッツのダックワーズ、ラズベリーのジャム、フロマージュブランムースという構成。ボトムはしっとりとしたクッキー?かな。

全体的にさっぱり、甘さ控えめな印象。それに対してコーティングのホワイトチョコの甘みが良いアクセントに。

ボトムのクッキー?の香ばしさも良く、美味しかったです。前述の通り、非常にさっぱりとしているので何個でも食べれてしまいそうな軽やかさ。

フレーズメルバ

かわいい…!フォルムもデザインも色合いも可愛い。クリスマスっぽいですかね。

ホワイトチョコは薄めなのでナイフを入れるとぱきっと綺麗にわれました。

ボトムはサブレとダックワーズ。その上にバニラとイチゴのムース。まろやかで優しいバニラときゅんっと優しい甘酸っぱさの苺。

ふわっと軽やかな口当たりで儚い。

パリブレスト

パリブレストがあるケーキ屋さんって限られているので、あるとつい買ってしまいます。

今回購入したケーキの中で特に好きでした。自分は食感が楽しいケーキが好きなのかもなと。

サクサクのシュー生地にプラリネクリーム。香ばしく、サクサクのクッキーシューがとにかく美味しくて。

なんと生地のあいだにキャラメリゼされたヘーゼルナッツが。シュー生地だけでもサクサク、ザクザクなのに、このヘーゼルナッツがあることでザクザク感と香ばしさがよりしっかり感じられるように。美味しい!

プラリネクリームはナッツの香ばしさはもちろん、甘みやコクもしっかり感じられるものの、全く重くなく軽い口当たり。

ムース系は甘さ控えめで軽いケーキが多いなという印象でしたが、こちらはそれらと比べると甘さも食べ応えもしっかり感じられるのに、上品でお気に入り。

ドゥルセバナナ

薄いバナナチップがのっています。バナナを使ったケーキが好きというのもありますが、ムース系のケーキの中ではダントツでお気に入り。

メインはドゥルセショコラのムース。ビスケットのような香ばしさとほのかな甘みが印象的なブロンドチョコレートのムースです。

中はバナナのコンポート、バナナクリーム、ヘーゼルナッツのビスキュイという構成。ボトムはこちらもしっとりとしたクッキーのような生地。

バナナのコンポートが良いアクセントに。この表現が適切か自信が無いのですが、コンポートとはいえフレッシュな感じ。

こちらのケーキも甘さは抑えられている印象ですが、香ばしさやコク等がしっかり感じられるので物足りなさはなく、美味しかったです。

ーーーーーーーーーー

少し時間をおいてからいただいたのでその間に光の当て方を変えてみました(笑)練習あるのみといった感じですが、こういう陰影がある写真も好き。

バニラのフラン

フランってなかなか売っていないので出会えて嬉しい。ちなみにアントルメも売っていました。

弾力のあるカスタードクリームが印象的。バニラビーンズたっぷりでバニラの甘い香りも心地よく、とにかく美味しい。

もっちり弾力のあるカスタードクリームに対し、ボトムのブリゼ生地はしっとりとしていて食感の違いも面白い!

ガレット・デ・ロワ

ホールもありましたが、他にケーキを購入したので今回はカットを購入。ホールもカットもフェーブは入っておらず、代わりにアーモンドが1粒。

オーソドックスなタイプのガレットデロワ。ラム酒の風味がしっかり感じられるフランジパーヌと香ばしいフィユタージュ。ラム酒がきいているというのが個人的に好きなポイントです。

ケーキ類も美味しかったですが、フランとガレット・デ・ロワは特に絶品。また伺いたいと思います。

お店の情報

Le Coin Vert PATRICK LEMESLE / ル・コワンヴェール パトリック・ルメル

アクセス

最寄りはJR・東京メトロ東西線、南北線、有楽町線・都営大江戸線「飯田橋駅」。

①JR線利用の場合、西口を出て直進(サクラテラス方面へ)。最初の交差点(交番が角にある)を右折し、橋をわたる。橋を渡ると大きめの交差点があるので、横断歩道を2回わたる。スターバックスさんの方へ到着するのが正解です。

スターバックスが右手に、川が左手にある状態で外堀通りを直進。東京理科大学の神楽坂キャンパスがみえてくるのでそのまま進む。途中で坊ちゃんの塔という像?が道路沿いにあり、そのすぐ先に小道があるのですが、その道の方へと右に入る。

近代科学資料館の前などを通り過ぎながら上り坂になっている道をすすむと坂を上った先に、こちらのお店がみえます。

②東京メトロ、都営線を利用の場合、B2a出口をでると大きい交差点があるのでそこで横断歩道をわたり、スターバックスさんの方へ向かう。その先は①と同様です。

ちなみにB2a出口は南北線や有楽町線からは近いですが、東西線と都営線からは少々歩きます。

ーーーーーーーーーー

最後までお読み下さりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です