チョコレート尽くし第2章・チョコレートデザートブッフェ『ウェスティンホテル東京』(10月)

こんにちは!

9〜11月の間、平日限定で開催されている『ウェスティンホテル東京』ザ・テラスさんのチョコレートデザートブッフェに行ってきました☺️

今年は9.10.11月と3ヶ月連続でチョコレートがテーマですが、ザ・テラスさんのデザートブッフェは月ごとにラインナップが変更。

今回ご紹介するのは10月の内容です。

先月(9月)の内容はこちらから。

ビュッフェ台

スイーツ(フェア品)

オレンジ風味のホワイトチョコレートミルク
ホワイトチョコレートと赤いベリーのコンポート
モンテリマール
リンゴとラムレーズンのミルクチョコレート べリーヌ
バニラとチョコレートのクリーム
パッションフルーツのシブースト
タイム風味のチョコレートムース
アプリコットとパッションフルーツのホワイトチョコレートクリーム
カッテージチーズとカシスのチョコレートタンバル
ベルエレーヌ
フォレノワール
チョコレートとパンプキンのキャラメリゼ
ミルクチョコレートのモンブラン
ラズベリーショコラキューブ
ドームショコラ ノワゼット
レモンとチョコレートのシュークリーム
タルト アプリコット ショコラ
チョコレートクッキー
チョコレートブラウニー
クラシックショコラ
ザッハトルテ
生クリーム等

スイーツ(アトリエコーナー)

チョコレートのスポンジプリン、ラズベリーとライチのゼリー、ルバーブのタルト
マロンとバニラのババロア、フルーツショートケーキ、洋梨のコンポートとブラマンジェ
クレームブリュレオレンジ、パンプキンタルト
カボチャのプリン、洋梨と林檎のシュニッテン
アーモンドとコーヒーのムース
パンプキン ラクテ
チーズケーキ、マンゴーと林檎のゼリー、バルケット マロン
アイスクリーム、シャーベット
トッピング

サラダ、軽食等

フライドポテト
唐揚げ
昔ながらのナポリタン
ブイヨンスープ
コールドサンドウィッチなど
どら焼き
フルーツ
ホットサンド(ハム&チーズ)、キッシュ、ニョッキグラタン
フレンチトースト
メープル等
ピッツア
サラダ
いなり寿司
お漬物

ドリンク

実食編🍽

アトリエコーナーのスイーツには☆マークをつけています。

1皿目

サラダ、お漬物

ハリハリ漬けが最初からあって嬉しい。

2皿目

リンゴとラムレーズンのミルクチョコレート べリーヌ(中央手前)

ハロウィンのピックが可愛い。
横から見るとこのような感じ。

ふわっふわの生クリームの上にカカオニブやキャラメリゼナッツがのっていてザクザクの食感がすごく良い。

底はチョコレートクリーム。チョコレートクリームは苦味控えめなミルクチョコレートで甘くて好き。生クリームとチョコレートのクリームの間に角切りのリンゴのコンポート、ラムレーズン、胡桃などが入っていました。リンゴはスパイスの風味がほんのり。

リンゴのシャキシャキ感と胡桃のザクザク感の食感の違いも良かったです◎

ラムレーズンはラムの風味はちゃんと感じられふものの、比較的控えめでしたのでお酒苦手な方でも食べられそうでした。

タイム風味のチョコレートムース(右手前)

トップにのっているのはタイムとチョコがかかったフィアンティーヌ。フィアンティーヌのサクサク食感はなめらかなムースの中で良いアクセントに。

断面はこのような感じ。

予想以上にタイムの風味がしっかり。チョコレートムースからもしっかりタイムの風味が感じられたのですが気の所為…?

チョコは苦味控えめで食べやすい。タイムの風味が強めで少々クセのあるスイーツでしたが、食べていて面白かったです。

非常に濃厚なチョコレートムースで、フェア品の中でもトップクラスの重量感あるスイーツでした。

ミルクチョコレートのモンブラン(左手前)

ハロウィン仕様に。
構成的には先月とほぼ同じ?
断面はこのような感じ。

中央にミルクチョコレートクリームが少量。

濃厚なマロンクリームたっぷりで美味しかったです。チョコより栗が強めで好み。洋酒は使用されていません。

チョコレートブラウニー(左奥)

見た目は見るからに重そうですが予想していたより食べやすい、しっとりとした、ブラウニーでした。

ナッツがたっぷり。ほんのり塩気も感じられた記憶。

ザテラスさんのデザートブッフェに登場するチョコレートブラウニーは密度が大きいずっしりしたブラウニーなイメージが強かったのですが、こちらはしっとりとしていて重量感を感じない食べやすいブラウニーでした!

チョコレートクッキー(左奥)

今回のお気に入りのひとつ。見た目は映えませんがすごく美味しかったです。

さっくりしていて香ばしさのあるクッキーですが、マシュマロ?入りで、ねっとりとした部分も。甘さがどストライクです。

チョコの苦味はなく、甘党の方は好きなのではないかなあと。

ショコラ アプリコット タルト(右奥)

小さめサイズで可愛らしい。
断面はこのような感じ。

サクサクで軽やかなタルトの中に濃厚なチョコレートガナッシュ。

上にのったアプリコットが甘酸っぱくて良いアクセントに。パールショコラの食感も良かったです。

チョコレートとパンプキンのキャラメリゼ(中央奥)

今回のお気に入りのひとつ。

ディプロマットクリームがあまーく美味しい。中層のカボチャクリームはねっとりとしていて非常に濃厚。かぼちゃの甘さがしっかり感じられました。

下はチョコレートクリームでラムレーズン入り。

スフレ

チョコレートのスフレ

今月のスフレは非常にシンプル。チョコレートの味が堪能できますのでチョコ好きにはたまらないかと。

甘さがしっかりあるので個人的にはクレミアと合わせて食べるのが好きでした。

クレミア+ラムレーズン=最高

3皿目

ザッハトルテ(右手前)

先月もありましたが、先月とは少し変わっていたかと。

先月のものより酸味が強めな甘酸っぱい杏?ジャムがサンドされていて良いアクセントに◎

クラシックショコラ(右)

ほんのり甘い生クリームを添えていただくとより美味しい!表面はさっくり、中はしっとりで濃厚なチョコレートケーキでした。

フォレノワール(左奥)

チョコレートクリームも濃厚ですが、チェリーの甘酸っぱいソースがどちらかというと強く感じられ、予想以上に爽やかで食べやすかったです。

グリオットチェリーがまるまる何粒が入っていますが、洋酒は使用されていないようでお酒感は全くなく、酸味が印象に残りました。

ラズベリーショコラキューブ(左手前)

断面はこのような感じ。

土台は先月あったラングドシャと似た食感。しっとりやわらかな生地でした。

キューブ状のチョコレートムースは細かく砕かれたナッツ入り。

名前にラズベリーの文字がありますが、酸味系が苦手な方でも大丈夫かと。ラズベリー要素は上にのっているラズベリーソースくらいで、主として感じられるのはチョコレートの甘さとナッツの香ばしさでした。

ベルエレーヌ(中央手前)

先月はタルトだったベルエレーヌが今月はグラスの中に。グラスの中央に可愛らしいサイズの洋梨のコンポートが1つ入っています。洋梨の中は先月同様、バニラ香るクリーム入り。洋梨はスパイス?の風味がほんのり感じられた記憶。

洋梨の周りはチョコレートクリームで表面にはチョコレートと絡められたサクサクのフィアンティーヌが。食感は良いアクセントになっていました。

オレンジ風味のホワイトチョコレートミルク(中央奥)

オレンジの風味はしっかり感じられるものの、酸味などはなくミルキーさがメイン。

コクのある甘さでミルキーですが、オレンジの爽やかさがあるので、全く重くなく、さっぱりと飲むことができます。

4皿目

モンテリマール(左手前)

下はチョコレートムースでその上にはスポンジ生地が。上層のクリームははちみつの甘さが良く、ナッツとドライフルーツの食感が食べていてたのしかったです。

優しい甘さのムースと濃厚なチョコレートムースの相性も抜群でした◎

ドームショコラ ノワゼット(左)

先月はオレンジでしたね。テラスさんのチョコレートスイーツというとこのドームショコラのイメージが強め。

断面はこのような感じ。

土台は柔らかく、さっくりとしたビスケットでその上にナッツの香ばしさが良いチョコレートムースという構成だったかと。

ナッツ×チョコレートで王道感のあるスイーツでした。

レモンとチョコレートのシュークリーム(中央奥)

シュー生地はしっとり柔らかく、ふにゃんとしています。

断面はこのような感じ。

下はきゅんと甘酸っぱいレモンカスタードクリーム。上はビターなチョコレートクリームでした。

チョコレートのほろ苦さとレモンの甘酸っぱさの相性が良く、美味しかったです。

バニラとチョコレートのクリーム(中央奥)

バニラのクリームはバニラビーンズがたくさん使用されており、バニラの豊かな香りが楽しめます。どこかプリンのような雰囲気も?あまあまで美味しい。

チョコレートのクリームは苦味控えめで、ナッツのカリカリ食感が良いアクセントになっていました◎

混ぜ合わせて食べるとチョコレートプリンのような雰囲気。

ホワイトチョコレートと赤いベリーのコンポート(右奥)

ハロウィン仕様🎃

ホワイトチョコレートのクリームはミルキーでコクのある甘さですが、ベリーのコンポートの量が多めなのでベリーの甘酸っぱさが強く感じられました。ごろごろとベリーの果実が入っていたのも非常に良かったです。

表面にのっているのはチーズで、確かクリームチーズだったかと…

パッションフルーツのシブースト(右)

断面はこのような感じ。

さっくりほろほろな土台の中にチョコレートガナッシュ。シブーストとガナッシュの間にパッションフルーツのソースが入っていて、カットするととろーっと流れてきます。

パッションフルーツソースは甘酸っぱさが良いのはもちろん、種のカリカリ感が良いアクセントになっていました。

シブーストはほわほわとしていて口当たりがなめらか。表面の香ばしさも良かったです。

カッテージチーズとカシスのチョコレートタンバル(右手前)

タンバルお馴染みのビスケットの上はねっとり濃厚なチョコレートクリーム。カシスソースは酸味がさほど強くなく、食べやすかったです。

表面はカッテージチーズとレモンピールがのっていました。カッテージチーズの独特な口当たりが良いアクセントに。

チーズ感は予想以上にしっかり感じられ、コクがありました。全て一緒に口に入れてもそれぞれの要素が互いに邪魔をしたりせず、上手く調和していて美味しかったです。

アプリコットとパッションフルーツのチョコレートクリーム(左奥)

パッションフルーツやアプリコットの爽やかさはあるものの、2種のクリームが濃厚で非常にミルキーだったのでずっしりと重みも。

間にはクランブルも入っていました。

下のクリームはバニラの風味が良く、より濃厚で甘さがしっかり感じられた印象。コクがあり濃厚ですが、爽やかな甘さのフルーツが良いアクセントになっていて、全体のバランスが◎

5皿目

軽食。箸休めです。

6皿目

シャーベット マロン(左手前)

シャーベットですが非常に濃厚でまろやか。とはいえアイスクリームとは違うので、比較的軽やかでらさっぱりといただけます。

栗の欠片もたくさん入っているので、栗好きの方には非常におすすめです!

シャーベット みかん(左奥)

濃厚ですがさっぱり〜〜口直しにも最高かと。

甘さがリセットされます。

カボチャのプリン(右手前)☆

見た目はオーソドックスなプリンのようですが…

ほくほくとしていて非常に濃厚なカボチャプリン。とろりとなめらかというよりは密度が大きく、ずっしりと重さがあります。

あまーいカボチャと底のほろ苦いカラメルソースの相性が抜群。

1つで食べ応えのあるスイーツでした。

マンゴーと林檎のゼリー(右奥)☆

林檎よりマンゴーの甘さが強め。林檎ゼリーは非常にさっぱりとしているのでどちらかというと濃厚な甘さのマンゴーの方が印象に残りました。

今回、いただいたものは以上です。

感想

10月ということでハロウィンのデザインのケーキピックが様々なスイーツに飾られていて、見た目が可愛らしいものばかり。

見た目が秋らしいだけでなく、栗やかぼちゃ、りんご、洋梨など秋の味覚とチョコレートの組み合わせが比較的多く見受けられました。そのため、先月より濃厚でずっしり重ためなスイーツが多かった印象です。

個人的なお気に入りはリンゴとラムレーズンのミルクチョコレート べリーヌチョコレートとパンプキンのキャラメリゼチョコレートクッキー

やはり秋の味覚が好きですが、チョコレートクッキーは予想外に病みつきになるお味でした。

またシャーベットのラインナップが先月から大きく変化していたのも嬉しかったです。

座席に案内されるまでの列や、案内後ビュッフェ開始までの列は先月同様、長くのびていましたが(都民の日ですしね!)、目立った欠品もなく非常に過ごしやすかったです。お店の方が積極的にドリンクの注文を聞きにきてくださったのも過ごしやすく感じた理由の一つかなあ。

来月もチョコレートですが、今からどのようなラインナップのスイーツが並ぶのか楽しみです…!

お店の情報

「ウェスティンホテル東京」ザ・テラス チョコレートデザートブッフェ

  • 開催日:9/2〜11/29の平日
  • 時間:15:00~17:00
  • 金額:大人4200円、子供2100円(別途、消費税10%とサービス料13%が加算されます)※Marriott Bonvoy会員の方は税・サ込で約¥4698、通常料金は約¥5220です。
  • 最寄駅:JR・東京メトロ日比谷線恵比寿駅
  • 公式ホームページ:https://www.theterracetokyo.com/jp

予約方法

電話又は公式ホームページから予約が可能です。キャンセルが出ることも多いので、こまめにチェックすればキャンセルを拾うことは可能かと思います。

拙い文章ですが、最後までお読み下さりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です