千葉・流山おおたかの森にある人気パティスリー『レタンプリュス』に行ってきました(11月)

こんにちは!

ずっと気になっていたのですがなかなか行けていなかった千葉県流山市にあるパティスリー、Les Temps Plus / レタンプリュスさんに行ってきました。

今回流山まで連れて行ってもらえることになり、念願叶っての初訪問です。

イートインスペースも駐車場もあるので遠方からの訪問の方も安心。交通費をかけてでも再訪したくなる素敵なお店でした。

Les Temps Plus / レタンプリュス

お店の雰囲気等

つくばエクスプレス 流山おおたかの森駅より徒歩12分。まず予想以上にお店が大きくてびっくり。店内に入る前から土地の広さに驚きました。建物の隣に駐車場が17台分あるのでお車の方も安心です◎

外にはテラス席が12席。この他、店内には20席あります。土日の昼頃訪問しましたが、イートイン席は満席ではなくすぐに利用できました。また私が利用している間、満席になることもありませんでした。とはいえ午後になるとお茶として利用される方が増えるかと思うので満席になることもあるのかと。

入口にはクリスマスケーキのチラシも。既に1つ完売のシールが貼られていました。

ラインナップ

プチガトーがずらり。奥にもまだ続いています。
ショーケースの上にはパンが。
奥にはシンプルなバゲットやバゲットサンドなどもありました。

その他アントルメや常温で翌日まで保存可能なタルト類、パウンドケーキなどもショーケースの中にありました。

また今回は購入しませんでしたが、焼き菓子やギフトセット、チョコレート、コンフィチュールなどたくさんの商品が。購入するものを絞り込むのが大変で嬉しい悲鳴。

なんとジェラートもあります。
ちなみにこの奥の赤色のソファーなどがイートイン席です。

この日のフレーバーはこのような感じ。

  • ヴァニーユ
  • ショコラ
  • ピスターシュ
  • ヘーゼルナッツ
  • アマレーナチェリー
  • フランボワーズ
  • パッションフルーツ
  • グレープフルーツ
  • イチゴミルク
  • ラムレーズン
  • りんご(季節限定)
  • 洋梨(季節限定)
  • メロン(季節限定)

イートイン

今回テイクアウトだけでなくイートインもしたのですが、お店の説明書きを読みつつも合っているかな?と途中不安になったので、初めて行く方に向けてイートインの利用方法を少しだけ。(もし間違った認識がありましたらコメントなどで指摘していただけると幸いです)

入口を入ると正面にショーケースがあるのですが左側に進むと、イートインのメニューが置いてあります。この場所でお待ちくださいという旨の案内が書いてあったので、待っていると店員さんが声をかけて下さります。

人数確認後、席が空いている場合、座席を準備してくださるので、その間にケーキやパンなどイートインしたいものを注文するというシステム。番号札と伝票ホルダー?を受け取った後、ショーケースの列へと並びます。

順番を待ち注文したあとは、イートインスペースへと戻り店員さんに案内をしてもらい着席。中学生以上の方は1ドリンク制なのでドリンクの注文が必須。とはいえお手頃価格なので利用しやすいです。(メニューは公式ホームページにも載っています。)

私は温かいハーブティー¥600を注文。

上段が紅茶。下段がハーブティーの括り。値段は同一です。

紅茶を注文すると、このセットを持ってきて下さるので選びやすい。私は気になったバニラベリートリュフにしました。

¥600ですが、ティーカップ3杯分ほどのポットでの提供。コスパが良すぎますね。ゆっくりお茶をしたい方にはぴったり。

実食🍽

続いて実際にいただいたケーキの写真と軽い感想を。

パラディ

きらきらと輝いてますね!

シブーストの表面のキャラメリゼがたまりません。周りにまぶされているアーモンドのカリカリとした食感が良いアクセントに。

断面はこのような感じ。

ボトムはサクサクのパイ生地。その中に木いちご、バナナ、カシス入りのクレームパティシエール、その上には酸味のきいたパッションフルーツのジュレ。

クレームパティシエールは濃厚で卵感が強め。甘さもしっかり。カシスと木いちごの甘酸っぱさとバナナの甘さはどちらも相性抜群。パッションフルーツのジュレは種入りでカリカリの食感も楽しめます。

バニラの甘い香りとキャラメリゼのほろ苦さという最高の組み合わせのシブーストクリームもすごく美味しい。ふわっと軽やかな口当たり。

ボトムがパイということもあり比較的しっかり食べ応えは感じられたものの、くどさ等は全くなく、むしろ上品な甘さで非常に美味しかったです。

サントノーレ

サントノーレは自分の中で好きなケーキなのであったら絶対に頼んでしまいます。

プチシューはカリカリの飴がけタイプ。柔らかいシュー皮とカリカリの飴の食感の違いが好きなので、フォンダンがかけられたものよりもこちらの方が好き。中はなめらかなカスタードクリーム。

断面はこのような感じ。

ボトムはサクサクのパイ。サクサクハラハラとしていて比較的軽やかな印象。

マスカルポーネ入りのシャンティはコクとバニラの風味が良く、美味しい!くどさが全くないです。

そして極めつけはりんごのコンポート。ほんのり甘酸っぱさが感じられ、良いアクセントに。今までいただいた中で一番好きなサントノーレでした。

ムラングシャンティ キャラメル

キャラメル味のシャンティは口溶けが良く、しっかりほろ苦い。キャラメリゼされたナッツの香ばしさとカリカリ感も◎

シャンティをはさむメレンゲはサクサクですが、どちらかと言うとダックワーズに近いような噛み心地も。かためでザクザクな食感の中に最後ねっちりとした感じもあったという印象。また、香ばしさと共に甘みもしっかり感じられ、ほろ苦いキャラメル味のクリームとバランスが良かったです。

美しいフォルム。

モンブラン

こちらは通年商品のモンブラン。
フランス産の栗を使用。

他のケーキと比べてもだいぶ大きく、ボリューミーな見た目。ほんのり洋酒がきいたマロンクリームが濃厚で美味しい!

中はふわっふわで軽やかな生クリーム。甘みはほぼないので甘くて濃厚なマロンクリームとのバランスが良い。

そして中央にも栗が。マロングラッセも入っていたかと。栗三昧で最高ですね!

ボトムはメレンゲ。焼きが強めでザクザクと噛みごたえのある食感。香ばしくて美味しかったです。

和栗のモンブラン

こちらは季節限定。

和栗のクリームがほくほく。シンプルでほっとする甘さ。

中に大きな渋皮栗が1つ。

マロンクリームの中には生クリームと渋皮栗。

ボトムは年中販売されているモンブランとは異なり、こちらはタルト!これがまた美味しくて。周りはサクサクですが、ダマンドはしっとりとしていてアーモンドの香ばしさが◎

普段洋栗派ですが、レタンプリュスさんのモンブランは和栗の方が好みでした。終わっちゃう前にまた食べに来たいな。

マルティニック

クリームはコーヒー風味で苦味がしっかり。ほんのり酸味も感じられるタイプのコーヒーだったかと。

土台はホワイトチョコレートのタルト。ラムレーズン入りです。

ほろ苦い甘さ控えめのコーヒークリームとあまーいホワイトチョコレートのタルトの相性は抜群。コーヒークリームだけ口に入れると苦味が際立って感じられましたが、ねっとり濃厚なホワイトチョコレートのガナッシュのタルトと一緒にいただくことで中和されまろやかな印象に。とても美味しかったです。

ジェラート

自家製ワッフルコーン
フレーバーは2つ選ぶことができます。

ワッフルコーンはザックザク。自家製とのことなので選んでみましたが、選んで正解でした。美味しい!

ジェラートはピスタチオとラムレーズンに。美味しかったです。

長くなってきたのでテイクアウトしたケーキは2ページ目に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です