蔵前パティスリー巡り①『Pâtisserie FOBS / パティスリー フォブス』(3月)

こんにちは!

先日といっても1ヶ月ほど前なのですが、浅草に行ったので、そのついでにケーキ屋さんも行ければと思い蔵前へ。蔵前といえば『パティスリー FOBS』のゴーフレットがずっと気になっていたんですよね。そして蔵前といえばFOBSのお隣にもパティスリーがあったはず…ということでお隣同士のパティスリーどちらのケーキも購入してみました!今回は右手側にある『パティスリー FOBS』さんで購入したケーキの感想を書きたいと思います✍

Pâtisserie FOBS / パティスリー フォブス

店内はこじんまりとしていますが、カフェスペースもあり。現在もですが、訪問時(3月上旬)もカフェスペースはお休みでしたのでテイクアウトで利用。

ショーケースの写真は撮っていませんが、お昼すぎに伺ったところ、いくつか完売のケーキもあったかと。実際、滞在時間はさほど長くないものの次々とお客さんが来店されていたという印象です。

実食

ノワゼットパッション

サクサクのヘーゼルナッツ入りタルトにチョコレートのムースとパッションフルーツのクリーム。

コクのあるミルクチョコレートムースにキュンと酸っぱいパッションフルーツのクリーム。チョコレートムースの甘みとパッションフルーツの酸味のバランスが絶妙。そしてなめらかな口当たりも素晴らしかったです。

ミルフィーユ

パイの分厚さがインパクトありますね。

ザックザクで香ばしいパイとバニラたっぷりのカスタードクリーム。しっかり焼かれたパイは香ばしくて香りが良く、ナイフが比較的すっと入る軽やかさ。そしてサクサクハラハラなパイとコクのある濃厚なカスタードクリームが好相性。また写真を見ていただければわかるかと思うのですが、バニラビーンズもたっぷりであまーいバニラの香りが最高でした。

エラブル

メープルクリームのバタークリームのケーキ。バタークリームといってもバターのこっくり感はなく、口溶けが良く、軽やか。メープルの風味は控えめで上品な甘さ。

まろやかなメープルのバタークリームに対し、アプリコットのジュレの甘酸っぱさが良いアクセントに。またヘーゼルナッツのダックワーズも香ばしく、美味しかったです。

カリッとした食感とお砂糖の甘さ、ナッツの香ばしさもアクセントとして、ケーキを支える重要な存在。想像よりも軽やかで、ぺろりと食べれてしまうケーキでした。

ゴーフレット

念願の。写真を見る限り、サクサクとしてるのかと思っていましたが、実際は真逆。しっとり柔らかい生地で、バターの香りが贅沢。

中はバニラビーンズたっぷりのクリーム。お砂糖のシャリシャリ感が病みつきになります。持ち運びやすいので、手土産にも良さそうですね。

ちなみにオンラインショップでも購入可能で、外出自粛要請が出ている今、おうちで楽しむのにもぴったり!

オンラインショップはこちら。

http://patisserie-fobs.jp/contact/

お店の情報

Pâtisserie FOBS / パティスリー フォブス

  • 住所:東京都台東区寿3-8−4
  • 営業時間:11:00~19:00(日曜日・祝日は18:00まで)
  • 定休日:水曜日・その他不定休
  • 最寄駅:都営大江戸線「蔵前駅」より徒歩1分
  • 公式ホームページ:http://patisserie-fobs.jp/

現在はコロナウイルスの影響により、営業時間や定休日が変わっている可能性がありますのでご注意ください。

最後までお読み下さりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です