京都パティスリー巡り⑦『LAMARCK / ラマルク』

こんにちは!

京都パティスリー巡りも最終日。一軒目は今出川にあるパティスリー、『ラマルク』さんへ。

今回の京都旅行中に伺ったお店の中で一番といっても過言ではない程、素敵で好みのお店だったので、先日お取り寄せも利用させていただきました。

そちらについても以前ブログを書いているので、もしよろしければそちらもお読みいただけると嬉しいです(笑)

LAMARCK / ラマルク

今出川駅から徒歩5分ほど。バスの場合は上京区総合庁舎前が最も近いかと思いますが、烏丸今出川等からも歩くことが可能です。

午前中に伺いました。個人的にクイニーアマンが気になっていたので、今度また出会えたらいいな。

天気が良く、そこまで気温も低くなかったので外でいただきました。この風呂敷風の包みが可愛い。

華やぐ森の香り

こちらのケーキが気になっていました。柴田書店の「cafe sweets(カフェ スイーツ)」等の雑誌に載っていて、魅力的だなと思っていたので出会えて嬉しい限り。

抹茶とグレープフルーツという珍しい組み合わせ。抹茶のビスキュイ、抹茶のバタークリーム、グレープフルーツのガナッシュ等で構成されているとのこと。ビスキュイは抹茶リキュール入りのアンビバージュでアンビベされていて、香りがすごく良い。そしてクリームは口どけの良さも素晴らしかったのですが、それ以上に抹茶のほろ苦さ、深みのある味わいが素晴らしくて。これだけでも「華やぐ森の香り」のイメージとぴったりだなと思いましたが、ここにグレープフルーツの爽やかな風味が加わることで一気に引き締まり、よりイメージにぴったりなケーキに。

「香り」に注目していただくのが楽しかったです。またケーキの名前からではどのようなケーキか想像できないというのも個人的にはぐっとくるポイントでした。

イチゴミルク

飲み物のいちごみるくがすごく好きというのもありますが、この可憐な見た目に惹かれて購入。

きめ細やかな生地にココナッツのクリーム、苺のゼリー、ホワイトチョコのムースという構成。苺のゼリーもトップの苺クリームもきゅんと甘酸っぱく可憐な雰囲気。苺のゼリーは苺の果肉感が感じられるのが良いアクセントに。

そこに軽めのホワイトチョコのムースと濃厚なココナッツクリーム。甘酸っぱい苺とミルキーなホワイトチョコ、ココナッツは言うまでもなく好相性で、特に冬から春にかけていただきたいケーキでした。

ダックワーズプラリネ蕎麦

こちらのケーキも独創的で面白い。蕎麦の実を使ったケーキです。

まず、一口食べて蕎麦の香ばしさにびっくり。炒ってある蕎麦の実の香ばしさがとにかくすごいんですよね。またザクザクの食感も良いアクセントに。表面の蕎麦の実のインパクトが大きいのですが、ダックワーズとプラリネ蕎麦クリームも手が込んでいて全体的にキレがあるケーキだなという印象。プラリネ蕎麦クリームは蕎麦の実の食感も残っていて、香ばしく濃厚なのですが、重さはなくむしろ軽い口当たり。

色合いは落ち着いていますが、実際いただいてみるとキレがあり、都会派な印象を受けました。

サヴァラン

ヴェリーヌタイプのサヴァラン。サバランに関してはシンプルイズベストだと思っていて。華やかなフルーツで飾り付けられているものよりも、シンプルで、おとこらしさと言いますか逞しさが感じられるものが好きなので、こちらのサヴァランはどストライク。

ラム酒シロップがひたひたにしみ込んだ生地になめらかなカスタードクリーム(?)とクレームシャンティ。ラム酒の芳醇さと共に、お酒感ががっつり感じられ、大人向けですかね。とはいえ比較的甘みも感じられるシロップなのでお酒感は決して強すぎるというわけではなく。また、まろやかなカスタードとコクのあるクレームシャンティと一緒にいただくことによって絶妙な具合に印象が和らぐので、多くの層に愛されるお菓子かと。

それにしてもヴェリーヌタイプはシロップがひたひたをになるまで入っていても食べやすくて嬉しいな。

たっぷりバニラのシュークリーム

ゴツゴツとしたビジュアル。これは食べる前から期待が高まります…!

サクサクのビスケット生地(?)がかぶせられているのに加え、その生地にピーカンナッツが使われているのが良いアクセントに。シューのさっくりとした食感、ビスケット生地のサクサクの食感、ナッツのザクザクの食感。若干の触感のq違いが面白く、食べていて楽しいお菓子でした。

中にはたっぷりのクリーム。バニラの甘い香りが程よく香る軽やかなクリームで、緩めのテクスチャ。とろっと滑らかで、ザクザクかための生地と相性抜群。

初めて出会うタイプのシュークリームでした。個人的に今までいただいたことのあるシュークリームの中で一番と言っても良いほど好きでした。

感想

2019年5月にオープンしたばかりのパティスリー。京都は名高いケーキ屋さんが多いですが、こちらのお店はオープンして一年足らずにもかかわらず、雑誌でとりあげられたり、SNS等でも好評価だったり…と情報を目にする機会が多く気になっていたので、ようやく伺うことができて非常に嬉しかったです。

だいぶ期待値が高い状態で伺ったのですが、総じて期待以上で、感動させられました。美味しいのはもちろん、食材同士の組み合わせ等、面白みがあり、発想がすごく好きでした。

どのケーキも素晴らしく美味しかったのでこれがお気に入りというのはありませんが、強いて言えば「華やぐ森の香り」と「ダックワーズプラリネ蕎麦」が他所では出会えない感動を覚えました。

本当に素敵なお店だったので許されるのなら今すぐ京都に向かいたい…(笑)

お店の情報

LAMARCK / ラマルク

  • 住所:京都府京都市上京区弁財天町333
  • 営業時間:10:00~19:00
  • 定休日:火曜日、水曜日、その他不定休

詳しい営業状況は公式Instagramのチェックがオススメです。

https://instagram.com/lamarckkyoto?igshid=5c1nutdifwum

最後までお読み下さりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です