美しすぎるフレジエを目当てに四ツ谷へ『カフェ ミクニズ』(2月)

こんにちは!

先日ラ・プレシューズのモンブランについて書きましたが、今回はその際に伺った『カフェ ミクニズ』さんで購入したケーキの感想を書きたいと思います✍

カフェミクニズさんといえば1月末まで冬休みで2/1から冬季休業明けの営業が開始。自分は前回12月中旬頃に訪問したのですが、突然思い立っての行動で遅めの時間だったということもあり、気になっていたタルトタタンは売り切れ。今回はタルトタタン含め、気になるケーキがたくさんあったので、開店時刻に訪問しました!

こちらが前回訪問時のブログ。

今回は開店時に伺ったということで、ランチも全然間に合うようでしたが(というより一番乗りだった)、テイクアウトにしました。

実食

フレジエ

美しくてずっと見ていられます。そしてシャッター音が止まらない。こんなフレジェ見たことありますか!という前にまずこんなにキラキラしたケーキ見たことありますか!という気持ち。

表面は薄いゼリーで覆われています。苺の断面が透けて見えているのも可愛い。

薄めのスポンジ生地の上にムースリーヌといちご。ゼリーとの間には苺のクリーム?も。

ムースリーヌはカスタード感が強めで、バニラの甘い香りも印象的。甘酸っぱい苺と好相性な甘めで濃厚なクリームでした。

小さめだというのもありますが、一瞬で食べ終わってしまって儚さすら感じられますね。

モンブラン

トップのツヤツヤの栗に目が奪われますね…!これが本物の栗ではないというのが面白いなあ。

断面はこのような感じ。サクサクよりザクザクに近い食感のメレンゲにたっぷりのクレームシャンティとマロンクリーム。東京都杉並区の栗を使用しているマロンクリームはねっとり濃厚で美味しい。

個人的にはメレンゲの食感が印象に残りました。程よい甘さで、香ばしく、何より食感が良いアクセントになっていました。美味しい!

タルトタタン

美しい…どのケーキも美し過ぎて惚れ惚れ。

ザクザクのパイの中央にとろっと柔らかいりんご。パイは焼きが強めで食感がザクザク、そしてほんのり焦げの苦味も感じられました。

また、このパイがコクのあるクレームシャンティと相性抜群。もちろん、とろっとろのりんごの自然な甘さ、香ばしさとも好相性でとても美味しかったです。

ミルフィーユ

こちらのデザインも素敵ですよね。

ザクザクのパイに2種のクリーム。交互に並ぶクリームも印象的ですが、厚みのあるフィユタージュもインパクトがありますよね。

クリームはヘーゼルナッツとキャラメル。それぞれヘーゼルナッツの香ばしさとキャラメルのほろ苦さがぎゅっと凝縮されたようなクリームで、単体でいただいても美味しいですが、2つが掛け合わさることで深みのある味わいに。

ビジュアルもお味も初めて出会うミルフィーユでした。美味しかったです。

タルトシトロン

可愛い。見た目だけできゅんときますね。

表面は薄切りレモンとレモンのジュレ?でしょうか。レモンピールのほろ苦さが良いアクセントに。レモンの断面が透けて見えるのが可愛い。

ほんのり焦げを感じるほど、しっかり焼かれたタルトの中に爽やかなレモンクリーム。クリームの酸味は控えめで、どちらかというとまろやか。コクもしっかり。レモンの爽やかな甘みが印象に残りました。

周りには表面が軽く炙られているメレンゲが。香ばしさがレモンの爽やかな甘さと相性抜群でとても美味しかったです。きゅんっと酸っぱいタルトシトロンも好きですが、酸味控えめなタルトシトロンも素敵…!

サバラン フルールドランジュ

可愛い!

箱から取り出す時に、まさかの紙にぶつけてしまうという…本物は綺麗なお花の模様。オレンジ色とよく合いますね。

黒い粒見えますかね…甘いバニラの香りのクレームシャンティ、爽やかなオレンジ、芳醇な香りのお酒、チョコレート、なんと表現するのが適切か私にはわかりかねますが、全ての要素のバランスが絶妙で非常に美味しかったです。

特にチョコレートが入っていたのが印象的。オレンジ×チョコレートは定番ですが、それにバニラの甘い香りや生クリームのコク、お酒が加わることで深みのある味わいに。

予想していた味を良い意味で裏切られました。

ガトーショコラ

表面のツヤッツヤのグラサージュが美しい。のにまたしても不注意で、今度は指が触れてしまうという…

口溶けの良さに驚愕。口に入れるとすっととけていき、一瞬でチョコレートに包まれるような感覚。

上品でかつ繊細。自分の場合チョコレートオンリーのケーキだと濃厚すぎて重さを感じてしまうこともあるのですが、こちらのケーキはそのようなことが全くなく。甘さ、苦味のバランスが絶妙でほんのり感じられるカカオの酸味も良かったです。うっとりさせられるビジュアル、香り、口溶け。普段チョコレートケーキは避けがちですが、チョコレートケーキの概念が覆される1品でした。

シュー ア ラ クレーム

サクサク香ばしいシュー皮。お店のプレートに「シュークリームをパイ生地で包んで焼き上げました」と書いてあった通り、確かによく見るとパイが。

こちらの写真だとわかりにくいですが、下の部分が薄くパイでつつまれています。そのためサクサクと軽やか。

中のクリームはぽってりとしたカスタードクリーム。卵感が強く、濃厚なクリームでした。個人的にシュークリームはカスタードクリームの方が好きなこともあり、すごく好みでした。

マドレーヌ

新鮮な材料を使用しているため、賞味期限が当日中というマドレーヌ。

グラス・ア・ローのシャリッとした食感と生地のしっとり感のバランスが絶妙。またレモンのきゅんっとくる甘酸っぱさが素晴らしかったです。トキメキすら感じますね。

感想

年末ぶりに伺いましたが、気になっていたフレジェ、タルトタタンと出会えて嬉しかったです。1日24個限定のガトーショコラもあったのでついつい購入してしまいましたが、評判の高さが納得できる美味しさでした…!

四ツ谷は行きやすいのでまた近いうちに伺いたいです。次はランチも!

お店の情報

CAFE MIKUNI’S / カフェ ミクニズ

  • 住所:東京都新宿区若葉1-18-6
  • 営業時間:火〜土曜日 11:30~17:00、日曜日 11:30~15:00
  • 定休日:月曜日(但し、12/23~1/31は冬季休業)
  • 最寄駅:JR・東京メトロ「四ツ谷駅」より徒歩7分

最後までお読み下さりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です