真夏の東陽町『Eclat des jours(エクラデジュール)』(7月)

こんにちは!

先月末、東陽町にある『Eclat des jours(エクラデジュール)』さんへ。豊洲のららぽーと内にオープンしたことでも話題ですが、自分は東陽町の方が行きやすいので今回も東陽町のお店に伺いました。

前回訪問時のブログにお店の外観等の写真は載せております。店内は撮影禁止なので、写真はありません。

実食

シモーネ

ピスタチオ×木苺のケーキ。

甘酸っぱい木苺のタルトにピスタチオのムースリーヌ。木苺のタルトはきゅんと酸っぱく、サクサクの中にねっちりとした食感も感じられ、面白い。

ピスタチオのムースリーヌは口溶けが良く、艶っぽい。豆豆しさもあり、香ばしさが甘酸っぱい木苺と相性抜群。

コクがあり、まったり濃厚なピスタチオのムースリーヌにキュンと酸っぱい木苺。口溶けが良く、タルトも軽やかなので気づけば最後の一口。

タンドレス

かわいい。側面の三角形はホワイトチョコレート。

ふんわりとした生地にホワイトチョコレートのムース、パッションフルーツとオレンジのムース。ムースの中にはフレッシュオレンジも。

ホワイトチョコのコクのある甘さとオレンジやパッションフルーツの爽やかさ、酸味のバランスが絶妙。ふんわり軽やかで、優しい味わいの生地と相まって、非常に軽やかで夏らしいガトー。真夏というよりは初夏にあいそうなライトブルーのようなイメージですが、今の暑さにはぴったりかと。

オディール

スペキュロスクッキーで爽やかなチーズクリームをサンド。スパイスの風味は強すぎず、心地よい程度。

カットするとリュバーブのジャムがとろり。苺で煮詰めてあるので、リュバーブの風味は控えめ。あくまでもリュバーブなので口当たりはもちろん異なるものの、味わいは濃厚な苺ジャムといった印象。

コクのあるチーズクリームの爽やかさと苺で煮詰められたリュバーブの甘酸っぱさの中、ほんのり感じられるスパイスが絶妙。

グリオッテラ

こちらは生菓子ではなくヴィエノワズリーや焼きっぱなしのコーナーにおかれていたお菓子。

スパイスのきいたパウンドケーキの周りにお砂糖たっぷり。トップにのっているのはグリオットチェリー。

中にも甘酸っぱいグリオットチェリーが数粒。

スパイスがしっかりきいたパウンドケーキにあまーいお砂糖がたまらない。パウンドケーキ自体は甘さ控えめなので、周りはお砂糖たっぷりですが、全くくどくなく、むしろこのお砂糖の甘さがたまらない。

今回いただいた中で1番好きでした!

感想

1月ぶりのエクラデジュールさん。バイト終わりに伺ったので15時くらいだったかと思いますが、充実したラインナップでたくさんのケーキの中から選ぶことが出来ました。

豊洲にできたお店ではイートインもできるようなので、今度機会をみてそちらにも伺いたいです。

お店の情報

Eclat des jours (エクラデジュール)

  • 住所:東京都江東区東陽4-8-21 TSK第2ビル1F
  • 営業時間:10:00~20:00
  • 定休日:水曜日、その他不定休
  • 公式ホームページ:http://www.eclatdesjours.jp/
  • 最寄駅:東京メトロ東西線「東陽町駅」より徒歩約4分

アクセス

東陽町駅1番出口を出て右折。国道465号線沿いを直進。2つ目の角(これといった目印はないのですが、東陽町セントラルタワーという建物がある交差点です。)で道の対面に渡ってから右折。そのまま直進すると左手に見えてきます。

1番出口を出て右折した後、1つめの角(松屋がある角)を右折し、突き当たりを左折して直進すると目の前にお店が見えてくるので分かりやすいですが、お店の目の前には横断歩道がないので左右どちらかの横断歩道へと移動する必要があります。

どの行き方にしても近いのですぐわかるかと思います。

ーーーーーーーーーー

最後までお読み下さりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です